日本質的心理学会第18回大会withソウル(オンライン)

口頭発表登録

口頭形式での個人発表を募集いたします。本学会の発表では、さまざまな分野の研究者との意見交換によって多くの研究の示唆が得られると好評です。また、学会の理事などが選考する大会発表賞*を設けており、受賞者は後日大会HP上にて発表いたします。理事の先生方と研究について直接意見交換できるのも、本大会の魅力のひとつです。発表内容については、完成した研究からアイディア段階の研究まで活発な対話を促す発表を歓迎します。

*大会発表賞について

今年度の大会発表賞は、発表申込時の抄録と自身の研究の卓越性についてのアピールをもとに1次審査を行い、その結果に基づいて、大会当日「大会発表賞候補者セッション」を設定し、ここでの発表について2次審査を行います。対象は大学院(修士・博士)在学中または修了後3年以内の方です。自薦制になっておりますので、申し込み方法については後日、大会HP等を通じて発表登録者にご連絡いたします。

口頭発表セッションの日時

大会2日目:10月24日(日)の8:30~、10:45~、14:15~、16:30~の4つの時間帯に並行で複数のセッションを実施します。

口頭発表セッションの形式

1セッション(120分)に6~7つの発表を予定しています(割り当てについては大会実行委員会にご一任ください)。各発表は12分発表3分質疑とし、残りの約30分は議論の時間とします。この議論の時間には各発表者が自分で用意したZoomの部屋に参加者を誘導して、発表者ごとに議論することも可とします。
また、各セッションの進行は座長にお願いします。座長は発表者のなかから選び、大会実行委員会からご連絡します。ご協力のほどどうぞよろしくお願いします。

発表資格

責任(筆頭)発表者は次の①~⑤の条件を満たす必要があります。

  • ①大会参加・発表申込時点で、日本質的心理学会の会員であること(入会申請中を含む)。
  • ②申し込みまでに2021年度までの年会費を納入していること。
  • ③発表申込を2021年7月31日(土) 8月9日(月)までに完了していること。
  • ④大会参加費を2021年8月31日(火)までに納入していること。
  • ⑤抄録集原稿を2021年8月31日(火)までに投稿していること。

募集期間

2021年7月1日(木)~2021年7月31日(土) 8月9日(月)まで

募集の受付

発表をお断りする場合は、8月10日(火) 8月12日(水)までに連絡いたします。

日本語と英語併記で①責任発表者(会員)の氏名・所属、②連名発表者の氏名・所属、③発表題目をご入力ください。

加えて、会員番号、E-mailアドレス、発表要旨(400字以内)をご入力の上、7月31日 8月9日までに下記の口頭発表登録フォームからお申し込みください。

口頭発表登録フォーム

抄録原稿の作成、発表の注意点

8月10日(火) 8月12日(水)までに大会事務局から連絡がない場合は、「採択」とします。
採択された場合、抄録登録専用URLが連絡されます。
抄録原稿を2021年8月31日(火)までに専用URLにアップロードしていただきます。

抄録原稿作成の際は、【こちらのURL】からフォーマットをダウンロードし、フォーマットの指示にしたがって内容を記入のうえ、Wordファイルのままアップロードください。大会準備委員会にて形式を整える場合がございますのでご承知おきください。

倫理的配慮が必要な研究の場合には、それに関しての記載をしてください。
利益相反の有無については、当日発表資料に明記してください。

なお口頭発表の登録を完了しても、事前の参加登録が行われていない場合には登録がキャンセルされる場合があります。
2021年8月31日(火)までに事前参加登録を行ってください。

口頭発表は発表当日の時点で未発表のものに限り、二重発表は認められません。

発表準備

パワーポイントやKeynote等プレゼンテーションソフトの画面をZoomの画面共有機能を用いて参加者に提示することができます。各セッション開始前10分は発表の準備に当てています。かならず事前に、音声、画面表示、プレゼンテーションへの切り替え(特に音声がある場合はご注意ください)をご確認ください。また、動画等を使用する場合はご自身で責任を持って行ってください。
操作については大会実行委員会はお手伝いできませんので発表者のほうでお願いします。

参加・発表申込における重要事項

事前に下記をお読みください。参加・発表申込をされた場合には、下記に同意したこととなりますので、かならずご確認の上、お申し込みください。

  • オンラインでの参加・発表においてトラブル等が生じた場合は、日本質的心理学会および大会実行委員会はその責任を負いません。特に、プレゼンテーションにおける著作権、肖像権、個人情報等の取扱いについては十分にご注意ください。
  • オンラインでの参加・発表に際し、日本質的心理学会、および大会実行委員会は、コンピュータの操作、インターネット接続、映像・音声等のトラブルについての対応は致しかねます。
  • 状況等によっては、オンラインでの発表の中止(座長による中止の判断等も含む)がなされる場合があります。
  • オンラインでの参加・発表に要する通信料等は、各自の負担とします。
  • 大会のZoomにおけるあらゆる録音・録画は禁止とします。例外については大会HP上で告知します。
ページの先頭へ戻る